モルモットと遊ぶ

モルモットは一見大人しくのんびりしていますが、好奇心旺盛で知能が高い感受性豊かな動物です。人間の言葉や感情の変化を敏感に感じ取ることのできる非常に繊細でデリケートな動物でもあります。人間関係と同様、人間とモルモットとの間の関係も非常に繊細でデリケート、それ故に、モルモットとの信頼関係を築く事が出来た時には飼い主にこの上ない喜びと楽しみをもたらしてくれるでしょう。

また、飼い主に頭を撫でてもらったりおやつを貰ったりして一緒に遊ぶ事はモルモットにとってストレスの発散になり、健康的に育つ為に重要な行動です。 一緒に遊んでスキンシップを図って、ゆっくりとモルモットとのコミュニケーション・信頼関係を築いて行きましょう。

モルモットと遊ぶ際はモルモットに無理強いしない事、放牧(放し飼い)時間は1日30分~1時間程度、あまり遊ばせすぎるとモルモットは疲れてストレスを溜めてしまいます。部屋を汚したり電気コードなどの危険なものを齧って事故を起こしてしまわないよう、なるべくサークルで囲うなど決まったスペースで遊ばせてあげるようにしましょう。

噛んで遊ぶおもちゃ・隠れるおもちゃ
モルモットは物を齧るのが大好きです。牧草のボールやかじり木など、噛んで遊ぶおもちゃを与えて遊ばせてあげましょう。牧草やかじり木を噛む事で前歯の不正咬合を予防し、また、ストレス発散になり健康的なモルモットに育ちます。また、狭い空間を好む動物なので、ダンボールや要らなくなった衣類で作った手作りのトンネルなどを用意してあげると喜んで探険して遊びます。楽しい上に落ち着ける空間でモルモットはとても楽しんでくれます。