モルモットのケージ・小屋

うさぎやフェレットなどにも用いる小動物専用のケージを使用します。底の深い大型の衣装ケースや、100円均一の金網で組み立てた手作りのケージでも代用できます。手作りでケージを作る際はかじっても安全な素材で、丈夫に作りましょう。ケージの大きさの目安は、狭すぎて運動不足にならない範囲、糞とエサ、生体が密集して不衛生にならないくらいの広さ、高さはそれほど必要ありませんが、横幅60×90センチ以上は用意してあげるとよいでしょう。

ペアや複数でも飼育は可能ですが、繁殖を希望しない場合は、オスとメスを一緒に住まわせないようにしましょう。また、健康管理や飼育環境が不衛生にならないように気を付けます。 飼育するモルモットの頭数を考えた上でケージのサイズを選びましょう。

ケージ内には牧草入れ、ペレットフード用のエサ箱、給水器、落ち着けるシェルター(巣箱や筒のような隠れられる場所)、夏場は暑さ対策用のアルミ製の冷却 マット、冬場は保温用のヒーターを入れ、ケージの底はモルモットの足を痛めないように金網を外してスノコやワラ・牧草を敷きます。 モルモットはトイレのしつけが出来ないので、トイレは設置する必要はありません。ケージのあちこちにウンチやオシッコをしてしまうので、スノコの下にペットシーツを敷 いたり、敷き詰めたワラや牧草を頻繁に取り替えるなどケージ内を清潔に保つようにしましょう。これらの飼育道具を入れてもモルモットが適度に動き回れるくらいが最適なケージのサイズといえるでしょう。

飼育環境
モルモットは暑さにも寒さにも弱い動物です。 人間が快適と思う温度と同じくらいの室温、20℃~26℃前後が適していると言われています。夏の暑い季節は冷却効果のあるアルミ製のマットやペット専用の保冷剤を、冬の寒い季節にはペット専用のヒーターや保温効果のある巣箱や牧草ベッドなどを用意し、室温もエアコンなどの冷房・暖房器具でしっかりと調節します。
ケージを置く場所はなるべく気温の変化・寒暖の差が少なく直射日光の当たらない落ち着ける場所を選びましょう。騒音の激しい場所やエアコンの風が直接当たるような場所も避けましょう。