カテゴリー別アーカイブ: モルモットの飼い方

モルモットのケージ・小屋

うさぎやフェレットなどにも用いる小動物専用のケージを使用します。底の深い大型の衣装ケースや、100円均一の金網で組み立てた手作りのケージでも代用できます。手作りでケージを作る際はかじっても安全な素材で、丈夫に作りましょう。ケージの大きさの目安は、狭すぎて運動不足にならない範囲、糞とエサ、生体が密集して不衛生にならないくらいの広さ、高さはそれほど必要ありませんが、横幅60×90センチ以上は用意してあげるとよいでしょう。

ペアや複数でも飼育は可能ですが、繁殖を希望しない場合は、オスとメスを一緒に住まわせないようにしましょう。また、健康管理や飼育環境が不衛生にならないように気を付けます。 飼育するモルモットの頭数を考えた上でケージのサイズを選びましょう。

ケージ内には牧草入れ、ペレットフード用のエサ箱、給水器、落ち着けるシェルター(巣箱や筒のような隠れられる場所)、夏場は暑さ対策用のアルミ製の冷却 マット、冬場は保温用のヒーターを入れ、ケージの底はモルモットの足を痛めないように金網を外してスノコやワラ・牧草を敷きます。 モルモットはトイレのしつけが出来ないので、トイレは設置する必要はありません。ケージのあちこちにウンチやオシッコをしてしまうので、スノコの下にペットシーツを敷 いたり、敷き詰めたワラや牧草を頻繁に取り替えるなどケージ内を清潔に保つようにしましょう。これらの飼育道具を入れてもモルモットが適度に動き回れるくらいが最適なケージのサイズといえるでしょう。

飼育環境
モルモットは暑さにも寒さにも弱い動物です。 人間が快適と思う温度と同じくらいの室温、20℃~26℃前後が適していると言われています。夏の暑い季節は冷却効果のあるアルミ製のマットやペット専用の保冷剤を、冬の寒い季節にはペット専用のヒーターや保温効果のある巣箱や牧草ベッドなどを用意し、室温もエアコンなどの冷房・暖房器具でしっかりと調節します。
ケージを置く場所はなるべく気温の変化・寒暖の差が少なく直射日光の当たらない落ち着ける場所を選びましょう。騒音の激しい場所やエアコンの風が直接当たるような場所も避けましょう。




モルモットの季節に応じた飼育

春の飼育環境

春はモルモットの飼育を始めるのに最も適した季節です。 また繁殖させるのにもこの季節が適しています。梅雨時は野菜や水などエサが傷みやすくなるので、常に新鮮なエサを与えられるように気を配りましょう。ケージの掃除も頻繁に行い、衛生的な飼育環境を維持しましょう。

夏の飼育環境

ふかふかの毛をまとったモルモットは暑い季節が苦手です。室温が30℃近くになると熱中症や日射病になる危険性が高くなってしまいます。
飼育する部屋に必ずエアコンを設置して26℃程度になるように温度調整をしてあげます。うさぎや小動物専用の冷却ボードや、市販の保冷剤もあるので、ケージ内に設置するなどして涼しい環境を作ってあげましょう。 また、エアコンなどの冷房器具を使用する際はエアコンの風が直接吹き付けるような場所にケージを置くのは避け、窓際の直射日光の当たる場所にケージを置かないなど、モルモットが健康的に快適に過ごせるような適切な暑さ対策をしましょう。
梅雨と同様に、夏場は野菜や飲み水が傷みやすくなります。常に新鮮な野菜やフード・飲み水を与えるようにしましょう。ケージの清掃も普段以上にきちんと行いましょう。

秋の飼育環境

春と同様に、モルモットにとって過ごし易い季節になってきますが、冬が近づくにつれ徐々に気温が下がり始めるので、再び保温・温度管理が必要になります。
モルモットや小動物用の市販のヒーターや暖房などを利用して、特に朝晩など気温の変化が激しくならないようにケージ内の温度を一定に保つようにしましょう。

冬の飼育環境

モルモットは寒さに弱い動物です。適温は20℃~26℃程度と言われており、気温が15℃を下回る環境の飼育は体調を悪くする原因になります。モルモットや小動物専用のヒーターや暖房などを利用して、特に朝晩などの気温の変化が激しくならないように、ケージ内の温度を一定に保つようにしましょう。 夏場の暑さ対策と同様、保温・寒さ対策も大切です。

モルモットのならし方

家にきたばかりのモルモットは、新しい環境に不安がいっぱいで、びくびくしてすみのほうで隠れるようにしています。さわらずに、ながめるだけにしておきましょう。2、3日したら、おどかさないように気を付けながら、名前を呼んでみたり、ゆっくりと手からえさをあげてみましょう。怖がっているようなら、そっとしておいてあげて、平気そうなら頭をそっとなでてみましょう

4、5日して、少し慣れてきて、嫌がらなければ抱いてみましょう。2週間くらいして、抱いても平気になれば、ケージから出して遊ばせてみましょう。慣れさせ方のポイントとして、とにかく怖がらせないことが大切です。触るときも、背後からではなく必ず正面からにしましょう。ゆっくりとした動作のほうが怖がりません。

持ち方は、お尻や後足が安定するように、手を添えて、体の下からすくい上げるようにして体をねじったり、仰向けにならないように抱きます。 あばれる場合は無理に抱かずに、最初は少しだけ、徐々に抱く時間を長くして慣れさせましょう。好物のおやつを与えてみるのもよいでしょう。

 

モルモットの鳴き声

モルモットは一見大人しいようでとても喜怒哀楽や感情表現が豊かな動物です。 機嫌が良い時や飼い主に甘えたい時はクイクイと可愛らしい鳴き声を出して擦り寄ってきたり、怒ったり、喜んだり、しぐさの種類も豊富です。

モルモットは人間の言葉は喋れませんが、人間の声や顔、気分などを敏感に察知する賢い動物です。感情や意思の疎通は十分する事ができます。 モルモットのしぐさをよく観察して、その子が今何を考えているのか、何をして欲しいのかを理解してあげましょう。

抱っこのしつけ

モルモットの世話をする際、爪を切ったり耳を掃除したりブラッシングをしたり、モルモットを抱えて手入れをしてあげる機会が多くにあります。 また、病気やけがをした時に動物病院でおとなしく診察を受ける為にも、抱っこのしつけをする事はとても大切です。

しつけをする際は、最初から抱っこをしようとせず、おやつを与えたり世話をしていく中で徐々にモルモットとの信頼関係を築いていくことがコツ・ポイントです。急に持ち上げたりするとモルモットは驚いて暴れてしまいます。抱っこをする際は必ず声を掛けてから、高い位置まで持ち上げない事、膝の上に大人しく乗ってもらう事から始めていきましょう。

膝の上でおやつをあげたり頭を優しくなでてあげると飼い主との信頼関係も深まり効果的です。

モルモットのお手入れ

ブラッシング・・・
モルモットには不定期に毛が生え変わる時期がります。抜け毛が多い時期はブラッシングが非常に大切です。犬・猫専用のでかまわないので、定期的にブラッシングしてあげましょう。

シャンプー・・・
基本的には必要ありませんが、どうしても汚れが気になった場合小動物用のドライシャンプーを利用するといいでしょう。過度にしすぎるとストレスが溜まって病気の原因になる場合があるので注意して下さい☆

爪切り・・・
爪が伸びすぎると、金網などに引っ掛けてケガをする場合があります。それを予防するためにも3ヶ月に一度は爪切りしてあげましょう。人間用の爪切りでも平気ですが、動物用のギロチン型のものが使いやすいです。 爪は根本はピンク色で血管が通っています。そこを切らない様に!
1㎝くらいは残しておきましょう!

モルモットを遊ばせる

モルモットは適度な広さのケージを用意しておけば基本的に運動不足になることはありませんが、気分転換やストレス解消にサークル内などで遊ばせてあげても良いでしょう。 1日に30分~1時間程度、ケージから出して自由に遊ばせてあげましょう。 ただしあまり長時間遊ばせるとモルモットにストレスを与えてしまう場合もあるので、 モルモット自身が遊びたいと思う日、体調の良い時に遊ばせてあげるようにします。遊びたくない日は無理に放牧しなくても大丈夫です。

基本的に広いスペースで放し飼いにする必要はありません、ケージのそばに2~3メートル四方のサークルを広げてその範囲で遊ばせてあげるくらいで十分です。 もし部屋を自由に放牧する場合は、放牧する前に必ずドアや窓の戸締りはしっかりしているか、モルモットにとって危険なものが落ちていないか確認しましょう。

電気コードや齧られては困るものは事前にカバーを掛けるなどして対策をしておきます。 放牧している間はモルモットから目を放さず、危険がないか、思いもよらない事故や怪我が起こらないか、モルモットの安全をしっかりと見守る事が大切です。

トイレのしつけは出来ないので、サークル内にペットシーツを敷くなど汚れない工夫をして遊ばせましょう。ただしペットシーツにはモルモットにとって危険な成分が含まれている場合があるので、ペットシーツを齧られないように気をつけましょう。

 

 

 

モルモットと遊ぶ

モルモットは一見大人しくのんびりしていますが、好奇心旺盛で知能が高い感受性豊かな動物です。人間の言葉や感情の変化を敏感に感じ取ることのできる非常に繊細でデリケートな動物でもあります。人間関係と同様、人間とモルモットとの間の関係も非常に繊細でデリケート、それ故に、モルモットとの信頼関係を築く事が出来た時には飼い主にこの上ない喜びと楽しみをもたらしてくれるでしょう。

また、飼い主に頭を撫でてもらったりおやつを貰ったりして一緒に遊ぶ事はモルモットにとってストレスの発散になり、健康的に育つ為に重要な行動です。 一緒に遊んでスキンシップを図って、ゆっくりとモルモットとのコミュニケーション・信頼関係を築いて行きましょう。

モルモットと遊ぶ際はモルモットに無理強いしない事、放牧(放し飼い)時間は1日30分~1時間程度、あまり遊ばせすぎるとモルモットは疲れてストレスを溜めてしまいます。部屋を汚したり電気コードなどの危険なものを齧って事故を起こしてしまわないよう、なるべくサークルで囲うなど決まったスペースで遊ばせてあげるようにしましょう。

噛んで遊ぶおもちゃ・隠れるおもちゃ
モルモットは物を齧るのが大好きです。牧草のボールやかじり木など、噛んで遊ぶおもちゃを与えて遊ばせてあげましょう。牧草やかじり木を噛む事で前歯の不正咬合を予防し、また、ストレス発散になり健康的なモルモットに育ちます。また、狭い空間を好む動物なので、ダンボールや要らなくなった衣類で作った手作りのトンネルなどを用意してあげると喜んで探険して遊びます。楽しい上に落ち着ける空間でモルモットはとても楽しんでくれます。

 

モルモットのかみ癖のしつけ

モルモットは物をかじる習性があります。モルモット自身にとっては極々自然な行動で、モルモットのストレス解消にもなります。しかし、モルモットは前歯が鋭くかまれると非常に痛く、出血を伴う場合もあります。怖くて近寄れなくなってしまい、終いには飼育をするのが億劫になり愛情も薄れてしまうかもしれません。そういう事態にならない為にもかまれないようにする事はとてもに大切です。

ただしモルモットはかみ癖のしつけや矯正をするのが簡単ではありません。安易に叱ってしまうと、怒られたモルモットは人間を怖がってしまい信頼関係を失ってしまう場合があります。今まではかんだりしなかったのにと思う場合や、かむ原因やタイミングに何か心当たりがある場合は、その原因や可能性のある要因を取り除く事が大切です。

ストレスが溜まっているのではと感じた場合は、かじり木のおもちゃを与えてみたり、栄養面や環境面を改善したり、広いサークルで遊ばせてあげるなど色々と工夫してみましょう。飼い主に対して恐怖心や警戒心を抱いてしまうようなやり方ではなく、愛情を持って優しく見守ってあげましょう。