モルモットを遊ばせる

モルモットは適度な広さのケージを用意しておけば基本的に運動不足になることはありませんが、気分転換やストレス解消にサークル内などで遊ばせてあげても良いでしょう。 1日に30分~1時間程度、ケージから出して自由に遊ばせてあげましょう。 ただしあまり長時間遊ばせるとモルモットにストレスを与えてしまう場合もあるので、 モルモット自身が遊びたいと思う日、体調の良い時に遊ばせてあげるようにします。遊びたくない日は無理に放牧しなくても大丈夫です。

基本的に広いスペースで放し飼いにする必要はありません、ケージのそばに2~3メートル四方のサークルを広げてその範囲で遊ばせてあげるくらいで十分です。 もし部屋を自由に放牧する場合は、放牧する前に必ずドアや窓の戸締りはしっかりしているか、モルモットにとって危険なものが落ちていないか確認しましょう。

電気コードや齧られては困るものは事前にカバーを掛けるなどして対策をしておきます。 放牧している間はモルモットから目を放さず、危険がないか、思いもよらない事故や怪我が起こらないか、モルモットの安全をしっかりと見守る事が大切です。

トイレのしつけは出来ないので、サークル内にペットシーツを敷くなど汚れない工夫をして遊ばせましょう。ただしペットシーツにはモルモットにとって危険な成分が含まれている場合があるので、ペットシーツを齧られないように気をつけましょう。