食糞について

モルモットは常に腸内細菌を保つために食糞という行為をします。
漢字のとおり、自分のウンチを食べます。これは、草食動物にとっては普通の行為で、なんら異常ではありません。

草食動物はタンパク質を直接摂取することが出来ません。必要量のタンパク質成分を、草からとらなければならないのですが、草に含まれているタンパク質量は非常に少ないです。そのため、たくさんの草を食べて、必要量のタンパク質を補っています。

そして糞には消化し切れなかった栄養素が含まれています。一度消化した生成物である糞に含まれる栄養は、新たに植物を食すより、すばやく栄養吸収をすることが出来ます。

なので、普段から食糞はしますが、比較的体調に悪くなると、消化機能が低下するので、その時には、食糞の量は増えます。