タグ別アーカイブ: 季節に応じた飼育

モルモットの季節に応じた飼育

春の飼育環境

春はモルモットの飼育を始めるのに最も適した季節です。 また繁殖させるのにもこの季節が適しています。梅雨時は野菜や水などエサが傷みやすくなるので、常に新鮮なエサを与えられるように気を配りましょう。ケージの掃除も頻繁に行い、衛生的な飼育環境を維持しましょう。

夏の飼育環境

ふかふかの毛をまとったモルモットは暑い季節が苦手です。室温が30℃近くになると熱中症や日射病になる危険性が高くなってしまいます。
飼育する部屋に必ずエアコンを設置して26℃程度になるように温度調整をしてあげます。うさぎや小動物専用の冷却ボードや、市販の保冷剤もあるので、ケージ内に設置するなどして涼しい環境を作ってあげましょう。 また、エアコンなどの冷房器具を使用する際はエアコンの風が直接吹き付けるような場所にケージを置くのは避け、窓際の直射日光の当たる場所にケージを置かないなど、モルモットが健康的に快適に過ごせるような適切な暑さ対策をしましょう。
梅雨と同様に、夏場は野菜や飲み水が傷みやすくなります。常に新鮮な野菜やフード・飲み水を与えるようにしましょう。ケージの清掃も普段以上にきちんと行いましょう。

秋の飼育環境

春と同様に、モルモットにとって過ごし易い季節になってきますが、冬が近づくにつれ徐々に気温が下がり始めるので、再び保温・温度管理が必要になります。
モルモットや小動物用の市販のヒーターや暖房などを利用して、特に朝晩など気温の変化が激しくならないようにケージ内の温度を一定に保つようにしましょう。

冬の飼育環境

モルモットは寒さに弱い動物です。適温は20℃~26℃程度と言われており、気温が15℃を下回る環境の飼育は体調を悪くする原因になります。モルモットや小動物専用のヒーターや暖房などを利用して、特に朝晩などの気温の変化が激しくならないように、ケージ内の温度を一定に保つようにしましょう。 夏場の暑さ対策と同様、保温・寒さ対策も大切です。