タグ別アーカイブ: モルモットの繁殖

モルモットの発情

生まれて初めての発情はメスの場合、生後30-134日。オスは生後56-70日ぐらいではじまります。

メスは13-20日(平均16日)の周期で約1~1.5日間発情します。 発情期には、メスの陰部は膨張し、背中に手などをのせると背中を弓なるに曲げるロードシス反応をします。また、発情中のメスは、活発さが増します。たとえば、多頭飼いの場合、他のモルを積極的に追いかけたり、 匂いを嗅ぎに近づいて腰を近づけようとしたり、腰をゆっくり振るような行動を繰りかえします

オスはいつでも発情可能ですが、もし、メスが発情していない時にオスが近寄いた場合は、メスは通常の場合、逃げたり威嚇したりして オスのことを拒否します。

 

モルモットのペアリング

繁殖に適した時期と言うのは、メスの場合は生後4-5ヶ月以降・または体重500g以上が良いでしょう。 そして、繁殖をするのなら、生後9~12ヶ月頃までに初めての出産を済ませるようにします。オスは生後3ヶ月以降なら問題はありません

ペアの相性が良い場合、ひとつのケージで飼育していれば、容易に妊娠します。しかし、お互いの相性が 良くなかったり、メスの受けるストレスの事を考えると、メスが発情した時に一晩だけオスのケージに 入れることをお勧めします注意:メスは1年間に3度以上生ませないようにしましょう。メスは、できれば1歳未満での初産が望ましいといわれています。それ以降だと、出産時に産道が十分に開かず、難産となること危険が高くなります。

ペアリングについて、一匹のオスに対しては、何匹でもメスを入れてもかまいませんが、絶対に、同じケージに2匹以上のオスを入れないでください。メスを取り合って、激しいけんかをし、時には、殺しあうこともあります。

モルモットの妊娠と出産

 妊娠
交配が成功した場合、妊娠の期間は約71日前後です。 妊娠期間中は栄養を多く摂らせるようにしましょう。特にビタミンCの摂取量も意識的に増やしてください。 (だいたい1日に20-30mgは最低必要です)妊娠したモルが落ち着けるように、ケージに小屋を入れるなどして、静かな環境作りをしてください。 また、出産が近づいたらケージの掃除も必要最低限にして、母モルにストレスをかけないようにしましょう

 出産
モルの出産は一般的に安産と言われています。子育ても自然としますので、無事に生まれたときは 母モルの育児を見守ってあげましょう出産数は1~8匹で平均2~4匹生まれることが多いようです生まれた時には既に歯や毛が生えています。また、目も開いていてとても可愛いミニチュアモルです。授乳期間は2~4週間で、生まれてしばらくすると大人と同じペレットや牧草も食べはじめます。また、子供にもビタミンCは必要です。生後1ヶ月までは体重100gあたり、1日0.5mgくらいを与えて、 それ以降は1日6~10mgくらいはとれるようにしましょう

出産後、子供と両親を同じケージで飼っても傷つけたりする危険はありませんが、母親は出産後に再び妊娠してしまうこともありますので、もし同じケージで父親モルも飼っている場合は、 すぐに父モルを別のケージへ移しましょう。生後4週間を過ぎたら子供モルたちは、母親から離して飼育しましょう。ただし、 メスの子モルは引き続き母親のケージに残してあげることも可能です。

オ スの子モルは、早ければ生後56-70日ぐらいで発情します。兄弟といってもその頃になると テリトリーを主張し合ってケンカをしたり、母モルなどのメスモルがいると、見境なく交尾しようとします。 ですので生後7週を過ぎたくらいから、オスは1匹づつ別のケージに住んでもらいましょう。